薬剤師の前職の退職理由を尋ねられたら

薬剤師の転職面接で前職の退職理由を尋ねられたら、なるべく率直に、かつ前向きにとらえられるような理由を答えましょう。嘘やごまかしはのちのちトラブルに繋がるかもしれません。

メニュー

薬剤師の転職面接で前職の退職理由を尋ねられたら

薬剤師,前職,退職理由,転職

薬剤師の転職面接で前職の退職理由を尋ねられるケースはよくあります。人事担当としては、その人が長く勤めてくれそうか、勤務をするうえで問題がなさそうか、などを前職の退職理由から推測するからです。また、答えにくい質問に対しどのような対応をするかも見られていると考えましょう。ですから、なるべく前向きにとらえられるような理由をはきはきと答えるのが一番です。なるべく率直に回答しますが、どうとらえてもマイナスにしかならないようなことはあえて言う必要はありません。例えば、薬剤師は女性が多い職場環境ですので、人間関係のトラブルに巻き込まれたことが理由であるケースもありますが、こうしたことを正直に答えると、今度の職場でもトラブルを起こすのではないかと考えられてしまいます。そうした場合は、スキルアップのため、や、一時的な家庭環境の変化などを理由に挙げて、今度の仕事は集中して勤務できることをアピールします。女性で多いのが、結婚、出産、子育てを機に辞めたというケースですが、こちらも現在は仕事に集中できる環境であるとアピールすることを忘れないようにしましょう。採用を得たいがために子どもがいることを隠す人がいますが、いずれ露見した際に立場が厳しくなることは間違いありません。 148

薬剤師は前職の退職理由でイメージが変わります

薬剤師,前職,退職理由,転職

今薬剤師として勤務している人は多くいます。仕事をしている人の中には転職や結婚などの理由で退職をする人がいます。 そして新しい職場で仕事を探す時は履歴書や職務経歴書を作成する必要があります。 面接をするときに必ず聞かれるのが前職の退職理由です。退職理由によりその人のイメージが変わるため悪いイメージになってしまうような回答はしないことが無難です。スキルアップのためといった前向きな回答が好印象を与えるため面接を受ける前にどのような回答するかということを考える必要があります。 薬剤師は資格職のため誰もが働けるわけでありません。したがって比較的仕事を見つけやすい職業だと言われています。しかし同じ理由で何度も仕事を辞めている場合は印象が悪くなってしまうため薬剤師の資格を所有していても仕事が見つからない可能性もあります。 したがって仕事を退職するときは次への就職を考えた上で退職することが望ましいとされています。 大切なことは自分らしく働くことができる場所に就職し、仕事をすることです。そうすることで長く働くことができます。またステップアップのための転職は数回することで、次への職場で好印象を与えることができます。 149

更新履歴

サイトマップ

151

Copyright (C) 2014 薬剤師の前職の退職理由を尋ねられたら All Rights Reserved.